読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サニブロ

ジャンルを問わず、気ままにいろいろ書いてます

走れサニー!

今日も天気が良くて、朝から機嫌よく家事が進む進む。

もちろん栃木の寒さは千葉出身の身にはこたえますが、からりと晴れると外に出たくなるもので。

しかも車で運転してると日差しで車内はポカポカなので、足元の冷え対策さえバッチリしておけば快適ドライブ。

 

ということで、今日は久々に一人で外食ランチ。

普段はワンコインどころか100円玉数枚分もしくは夕飯の残り物をアレンジで済ませている分、たまのランチに心はトキメキます。

さてどこに行こうかと考えて、車で15分程のイタリアンレストランへ。

小さなお店ですがとても本格的で、シェフはテレビに出たこともあります。

夕飯だと値段も高くなるようですが、ランチはちょっとした贅沢程度で済む値段。

前菜やデザートのグレードを落とせばさらに安くなるけど、そこは当然、落とさず注文しました。

 

注文したのは、クリームパスタのセット。

前菜&サラダにはじまり、パン、メインのパスタ。

週末はすぐに埋まる席も、平日の昼間となれば余裕もあり、待つ人もいなさそうなのでじっくり堪能させていただきました。

雰囲気も何となく素敵なお店です。カウンターとテーブル席があって、少し薄暗い感じ。何となくかかっている音楽も優雅です。

こういう空気は、小さな個人店の良さですね。

デザートのケーキとコーヒーを飲みながら、夕飯の献立や週末のあわただしさのこともこの時間だけは考えず、久しぶりに一人の優雅な時間を過ごすことができました。

 

さて。

だいぶのんびりできたので、そろそろ帰るかとバッグを手に。

ここで事件発生!

 

ん?

あれ?

財・・・布・・・・・・

 

バッグを漁るけど、財布がない。

いつも使ってるバッグだし昨日も買物に行ってるから、無いはずはないのに。

 

いやいや、あるからあるから。

 

心の中で余裕の笑みを見せてはみたものの、見つからない財布に冷や汗が。

車に置きっぱなし?と思っても、いまこの瞬間までファスナーが閉まっていたバッグから飛び出すはずもないし。

そして、ふと思い出したこと。

 

出かける直前、美容室に予約変更の電話をしていて。

会員番号を聞かれて財布を取り出し、

 

「12月〇日〇時に変更ですね。お待ちしてます~~♪」

「はいどうも~~」

 

そう言って電話を切り、携帯を手に席を立った。

 

立った・・・

立った・・・?

携帯を手に・・・

立った・・・立った・・・立っ・・・

だあぁぁぁ!!あのときだ!!

 

財布が家にあることを確信し、払えないことが決定。

さてどうする?!

店内を見渡せば、それなりにお客さんが入りはじめていて、1組だけ待ってるし。

そもそもここに座ってても解決しない。

 

そこで、腹を決めました。

 

バッグのファスナーを閉めて抱えると、伝票を手に、カウンターで片づけをしている店員さん(女性)へ。

気付いた彼女は当然私が支払うのかと隣のレジへ。

 

「すいません、私、財布忘れちゃって・・・」

「・・・えっ?」

 

そこそこいい大人が財布って忘れるの?ときっと思われたことでしょう。

でも恥ずかしがってるヒマはない!と・・・

 

「家、車で10分~15分ぐらいなんです。いますぐとってきますので、コレ、預けていきますっ」

 

コレ、とバッグまるごと彼女へ献上。

あ、車と家のキー&携帯は抜きましたが。

彼女は目を丸くし一瞬止まりましたが、さすがは落ち着いた雰囲気のお店。店員さんも落ち着いてます。

 

「大丈夫ですよ?」

 

いつもの笑顔で、私がいままさに献上したバッグを差し戻し、

 

「電話番号とお名前だけ教えていただければ大丈夫です。待ってますので(^^)」

 

と、にこやかに対応してくれました。

私は彼女に何度も「すいません」と頭を下げ、携帯番号と名前を伝えて店の外へ。

背後では、

 

厨房シェフ(たぶん)「どしたぁ~?」

店員さん「ん?ちょっと・・・」

 

と、店内に聞こえないようにと恐らくシェフの傍へ行ってくれたのか、その先は聞こえず。どこまでも配慮していただいて感謝。

しかし一拍置いて、

 

「えっ?!」

 

というシェフらしき声が聞こえましたが、ふりきって車へダッシュしました。

 

家に戻り、予想通りの場所に財布を発見し、またお店へ。

事件発生から約30分後、無事に支払いを済ませました。

 

「ほんとすいませんでした」

「いえいえ(笑)、またお待ちしてますね」

 

そう言われても、しばらくは行けないでしょう(ㅎ-ㅎ;)

でも美味しいお店で気に入ってるので、「こないだはすいませ~ん」って行ってみるのもいいかなぁとか思ってみたり。

 

ちなみに。

 

<私が預けようとしたバッグの内訳>

本体:980円のボディバッグ(汚れ&キズあり)

中身:ハンカチ、ティッシュ、化粧品(リップとファンデ)、ボールペン、飴、ゴミ箱を見つけたら捨てようとしてた紙くず。

 

・・・ランチの前菜分にもならないΣ( ̄ロ ̄lll)

そんなものを偉そうに「これを身代わりに」と差し出した自分が恥ずかしくなりました。

 

みなさまも、出かける前のチェックは忘れずに。