読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サニブロ

ジャンルを問わず、気ままにいろいろ書いてます

思わぬ癒しに遭遇できる店

この週末は天気に恵まれたものの結局どこへも行かず、家でなんとなくダラ〜っとしてます。

でもずっと家に居てもねぇということで、夫婦で友人たちと共に御飯に行きました。

行った先は、インドカレー屋さん。
店員さんも全員インドとかネパールの人。
独身時代からインドカレーはよく食べに行ってましたが、店員さんの日本人率がとにかく低いんですよねー。
そして店内の雰囲気も独特。

店員さんは、日本語ペラペラな人もいれば殆ど通じない人もいるけれど、ここのお店は比較的日本語喋れます。
ただ、店内のメニューや案内などは「おや?」と思うところ満載(^з^)

・カタカナの「ン」は基本「ソ」、同様に「ツ」と「シ」も曖昧
・たまに、やけに丁寧な日本語が使われている
(「いま一度、お忘れ物チェックを」とか)
・レディーズセット
等々

ンとソやツとシの間違いは、この手のお店ではよく見かけます。
まぁ、外人さんには難しいですよね。
分かってるんだけど、メニューにも多く登場する文字だけに、そこの違いがおかしくなってきます。

特に、インドカレー屋となればナン。これが全て「ナソ」なわけで。

プレーソナソ、チーズナソ、ガーリックナソ、ナソ、ナソ、ナソ…

そして同じく定番のラッシーも「ラシシー」。 ンとツが両方存在する「マソゴーラシシー」とかとか。

そんな中でたまーに存在する正解。

おお、ナンって書いてある!
こっちもタンドリーチキ…ソ、あぁ惜しい!


なんて、気づいた自分がすごくラッキーな気分になってみたり、惜しい間違いに悔しくなってみたり…

そんな間違いが店内そこらじゅうに点在してるとも知らず、店員さんはとにかく笑顔^_^
なんかそれを見てると、愛おしくなってしまう私です。

そしてこの日は、お会計でも店員さん本領発揮。
7800円のお会計に対し、

「ななひゃくはちじゅうえんデス(^^)」

ん?
お?
ななひゃく…?

千と百が曖昧なんだあぁぁ〜(♥д♥)

抱きしめたい気持ちをこらえて、冷静に笑顔を返して店を出ました。

味はもちろんだけど、店自体もこんな風に魅力溢れるインドカレー屋さん。
皆さんも、癒されに行ってみてはいかがでしょうか?